長寿命な家

お子さまはもちろん孫の代まで住み続けられる家を目指しています。

本当にお得な家は、どんな住宅でしょうか。

世界規模で比較する日本の住宅寿命

世界規模で比較する日本の住宅寿命

日本では住宅は平均築30年で建替えられており、住宅の寿命は20年~30年と思っている人が大半ですが、EUでは築100年以上の建物も当然のようにあり、また先進国では75年以上なのです。

つまり海外と比べると日本の住宅寿命は、異常なまでの短命なのです。

実は日本の家もつい最近までは築100年以上が当たり前だったのです。その地域で自然に育った、地域で産出される自然素材で家を建てると親子三代以上住み続けられる。これが当たり前の家づくりだったのです。

ところが、戦後の高度成長社会では早く簡単に家を建てるため、ビニール・プラスチック・金属製の新建材が誕生しました。 さらに工場で作って現場で組み立てる「プレハブ住宅」まで誕生し、大工や職人の技術を必要とせずに、早く簡単に家が作れるようになりました。
それに伴い、良質な木材、腕利きの棟梁、こだわりと技術を持った職人達による魂のこもった家づくりは失われてしまいました。


資産になる長持ちする家

資産になる長持ちする家

日本が迎える今後の成熟社会においては、「つくっては壊す」消費型住宅をいつまでも続けていてはいけません。 欧米の先進諸国がそうであるように、長持ちする住宅をつくり、きちんと手入れし、それを社会全体の資産として形成していく必要があります。また、 せっかくつくった住宅がこれまでのように30年足らずでゴミになってしまうのは、経済的にも・環境的にも負荷が高すぎます。

一方、ヨーロッパでは、築年数が高いほど「人々から長く愛されている証」として価値が高くなるのが常識。
まさに、「日本の常識は世界の非常識」。
どうせ建てるのであれば、日本の常識にとらわれず、50年後、100年後も家族が健やかに過ごせる「世界基準の家づくり」をしませんか。

私たち低燃費住宅は、アンティークとなるヨーロッパの住宅のように、時を経るごとに趣を増し、お子様はもちろん孫の代まで住み続けられるそんな本物の家づくりを追求しております。


低燃費住宅とはTOPへ戻る

ハウス21でできること

 
pagetop