内部結露対策

家の寿命を縮める内部結露を解消

日本の家の寿命が短い理由」

日本の家の寿命が短い理由

ヨーロッパ最大かつ最先端の応用技術研究機関であるフラウンホーファー建築物理研究所で開発された建築物理ソフト「WUFI」。
様々な気候条件で壁や屋根を構成する各建材の熱・湿気挙動を正確に予測することができるため、世界中の建築家が愛用しています。
湿度の安定している欧米諸国よりも、高温多湿な日本にこそ必要不可欠なソフトといえます。
ところが、日本では使用している工務店やハウスメーカーはごくわずか。 湿気大国なのに湿気を軽視しているから、日本の家の寿命は短くなってしまいました。


壁の中の結露が家の寿命を縮める

壁の中の結露が家の寿命を縮める

内部結露の発生しやすい環境は、年間を通して二度あります。
1 つ目は冬場に室内外の温度差で発生する「内部結露」。
2 つ目は夏のエアコンによる室内外の温度差で発生する「逆転結露」です。
これは地域によって結果が変わるため、地域によって仕様が変わります。

ところが、WUFI を使わず、知識も技術も不足している工務店が建てる家は、全国一律の仕様になってしまい、この2つの結露を抑制しきれずに家の寿命が大幅に縮まる場合があります。
低燃費住宅では全ての地域でWUFI による解析をおこなうことで、「内部結露」を未然に防いでいます。


年間を通じて「内部結露」を防ぎます

年間を通じて「内部結露」を防ぎます

ドイツ等のヨーロッパの環境先進国に比べ、住宅におけるエネルギー消費率が高い日本。 これは窓の性能が諸外国に比べて著しく劣っているからです。
住宅の熱損失に占める割合の1 位は、壁でも屋根でもなく「窓」なのです。


低燃費住宅とはTOPへ戻る

ハウス21でできること

 
pagetop